スパークスが今、話題になってます(?笑)

僕はシネマというバンドでソニーからデビューしましたが、

1stアルバム「モーション・ピクチャー」の1曲目を飾る

「スイッチ・オン」というナンバーは、

スパークスという兄弟2人組の超ポップなナンバー「Looks Looks Looks 」

(日本でのシングル盤のタイトルは「恋はルックで」)に

インスパイヤーされて作った曲なんです。


ただスパークスはとてもマニアックなアーティストで(笑)

なかなか僕のまわりでも、スパークスが好きだなんていう人はあまりいないんです。


そんなある日、知り合って間もない画家、井上直久さんの画集を見てたら、

「町はずれの花火屋」という絵の中の

小さなトロッコに乗っている豆粒くらいの大きさの2人が

僕にはスパークスにしか見えないので、井上さんに連絡しました。


そうしたら「今まで誰もわからなかったのに、どうしてわかったんですが?

実は僕はスパークスが大好きなんです」という返事がきました。


その音楽大好きの井上さんの個展が今、都内で開催されているので、

先日個展に行って井上さんに会いました。その時のショットです。


そのマニアックなアーティスト、スパークスが今、話題になってます(?笑)。


「汚れた血」「ポンヌフの恋人」などで知られるフランスの映画監督

レオス・カラックスの最新作映画「アネット」の音楽を全編スパークスが担当、

さらにスパークスのドキュメンタリー映画「スパークス・ブラザーズ」が

日本でも公開になるとは、ちょっとうれしく、驚いているところです。