白井良明さん

僕のソロデビューシングル「愛しのロージー」、

そして、最初の3枚のアルバムは

ムーンライダーズの白井良明さんのプロデュースでした。


その後、インターバルがあって、

2000年に発表した4枚目のアルバム『BRAIN PARK』からは

ほとんど自分でプロデュースしてるのですが、

ギターリストとしても素晴らしい良明さんには

いろんな曲でギターをプレイしてもらってます。


順に見てみると「これは一月に満たぬ愛」

「憂鬱という名の雨」「瞳の中のラビリンス」

「ハロー・ミスター・シェイクスピア」

「君にメランコリー・ブルース」「バルーン」etc.と

どれも良明さんのかっこいいギターのおかげで

よりグレードの高い仕上がりになっていると感じてます。


その白井良明さんのプロ生活50周年の記念コンサートが

8月5日に浅草公会堂であって、

僕はゲストに呼んでもらったんですが、

その時の会場の花道を通って、

ステージに登場する際の松尾の短い動画があるので、

見てみてください。


松尾清憲